社員インタビュー

あなたにとっても「隠れ家的・優良企業」になると思う。

工場長

高橋信也

前職では解体業をしていた。求人をみて新生ユニオンへ転職。

当たり前の幸せ、ここだからこそ得られた。


2015年に家を購入しました。「そろそろ家を買いたい」という妻の期待に応えられて、嬉しく思います。長男と次男を大学に行かせることができたのも「親の役目を果たせてよかったなあ」と。長女はこれから高校受験を控えています。望む進学先に行けるよう、これからもしっかり頑張るつもりです。当たり前の幸せを得られたのは私にとって喜ばしいことであり、これも新生ユニオンだから、と感じていますよ。会社の経営状態が良好で将来性がなければ、住宅を買うときも銀行でローンを組むことができなかったはず。私自身も「家を買おう」と決心することができなかったでしょう。将来も安心して働きたい方にオススメしたい「隠れ家的・優良企業」かもしれませんね。

工場長として、より良い職場をつくる。


私の仕事は、各地域でドライバーが回収してきた廃棄物を仕分けること。スタッフと重機によって分別して円滑な処理ができるようにするのが役目になります。朝礼をして一人ひとりのスタッフに仕事の割り振りを伝え、チームワークの力でより効率的に、かつより負担なく仕分けを進められるようにする。そんな環境をつくるのも私の仕事です。工場長という立場上、現場を離れて俯瞰できる状態にしたいのですが、今は案件が多く、スタッフの数が足りていません。今は人材会社からスタッフを派遣してもらってカバーしている最中。これから従業員が増えていけば、私がよりよい環境づくりに集中できるようになります。入社していただける方には、ぜひ腰を据えて頑張ってほしいですね。職場環境のさらなる改善を約束しますから。

世話好きな先輩ばかり。学ぶ姿勢があれば大丈夫。


加えてお伝えしておきたいのが、仕分けの仕事は誰もができる、ということです。「体を動かす仕事をしたことがない」という方も、もし少しでも興味があったらぜひご応募ください。モノを持ち上げたり運んだりすることはあり、最初は大変に思うこともありますが、経験を積めば慣れてくると思います。先輩もやさしい人ばかりで、手取り足取りしっかり指導してくれます。自分から学ぶ姿勢を持ち、教えてもらったことをひとつずつ覚えて頑張れば、誰もが一人前になれますよ。経験を積んだら重機の運転も任されるようになります。そうなると機械の操縦がメインになるので、より余裕を持って仕事ができるようになるでしょう。今、働く人たちもそれをしっかり感じているからこそ、長く働くのだと思います。

他の社員インタビュー